WinPEとDiskPartでBIOS / MBRベースのハードディスクパーティション構成

Windows PEとDiskPartを使用してBIOS / MBRベースのハードディスクパーティションを構成する

 

手順
  1. USBフラッシュドライブにテキストファイル(CreatePartitions.txt)として保存します。
  2. Windows PEを使用してターゲットPCを起動します。
  3. ドライブをパーティション分割する F(USBフラッシュドライブ)DiskPart /s F:\CreatePartitions.txtコマンドを使用します。
rem == CreatePartitions-BIOS.txt ==
rem == These commands are used with DiskPart to
rem    create three partitions
rem    for a BIOS/MBR-based computer.
rem    Adjust the partition sizes to fill the drive
rem    as necessary. ==
select disk 0
clean
rem == 1. System partition ======================
create partition primary size=350
format quick fs=ntfs label="System"
assign letter="S"
active
rem == 2. Windows partition =====================
rem ==    a. Create the Windows partition =======
create partition primary
rem ==    b. Create space for the recovery image  
shrink minimum=15000
rem          ** Note, adjust the size to match
rem             the size of the recovery image.
rem ==    c. Prepare the Windows partition ====== 
format quick fs=ntfs label="Windows"
assign letter="W"
rem == 3. Recovery image partition ==============
create partition primary
format quick fs=ntfs label="Recovery image"
assign letter="R"
set id=27
list volume
exit

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「DORA君」転職

求人採用/エントリー