bootなど管理ツール

Windows デバイスを製造する場合、これらのコマンド ライン ツールがよく使われます。

BCDboot のコマンド ライン オプション

ブート構成データ (BCD) ストアを初期化し、イメージの展開中にブート環境ファイルをシステム パーティションにコピーします。

BCDEdit のコマンドライン オプション

ブート構成データ (BCD) を管理します。

Bootsect のコマンド ライン オプション

ハード ディスク パーティションのマスター ブート コードを更新して、Windows ブート マネージャー (Bootmgr.exe) と Windows NT ローダー (NTLDR) を切り替えます。

DiskPart

ディスク パーティションを管理します。

Oscdimg のコマンド ライン オプション

カスタマイズされた 32 ビットまたは 64 ビット バージョンの Windows PE のイメージ (.iso) ファイルを作成します。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「DORA君」転職

求人採用/エントリー