DISM を使った Windows イメージのマウントと変更

イメージをマウントする

/optimize オプションを使ってイメージをマウントすることで、初期マウント時間を短縮することができます。ただし、/optimize オプションを使うと、通常はマウント中に実行される処理が、ディレクトリに初めてアクセスしたときに実行されます。そのため、/optimize オプションを使ってイメージをマウントすると、最初にディレクトリへアクセスする際に時間がかかる可能性があります。

Dism /Mount-Image /ImageFile:C:\test\images\myimage.wim /index:1 /MountDir:C:\test\offline

  VHD ファイルから Winidows イメージをマウントするには、/index:1 を指定する必要があります。

Dism /Mount-Image /ImageFile:C:\test\images\myimage.wim /index:1 /MountDir:C:\test\offline /ReadOnly /Optimize

イメージを変更する

オフライン Windows イメージへのドライバーの追加および削除 DISM または無人応答ファイルを使って、オフライン イメージからドライバーを追加または削除します。
DISM を使って Windows の機能を有効または無効にする DISM を使って Windows イメージの機能を有効または無効にします。また、機能を削除してオンデマンドでインストールしたり、以前削除した機能を復元することもできます。
DISM を使ってパッケージをオフラインで追加または削除する DISM または無人応答ファイルを使って、オフライン イメージからパッケージを追加または削除します。
DISM によるオフラインでの言語パックの追加と削除 DISM を使って、言語パックを追加または削除し、オフライン イメージの地域と言語の設定を構成します。
DISM を使ったアプリのサイドローディング Windows PowerShell® または展開イメージのサービスと管理 (DISM) プラットフォームを使って、基幹業務 (LOB) Windows ストア アプリを Windows イメージにインストールします。
DISM を使ってアプリをプレインストールする Windows イメージにアプリをプレインストールします。
スタート画面をカスタマイズする スタート画面をカスタマイズして、業務で使う Windows ストア アプリとデスクトップ アプリを含めます。
DISM を使って Windows イメージを上位エディションに変更する イメージを照会してイメージの Windows エディションを検索し、イメージを上位の Windows エディションに変更します。
既定のアプリケーションの関連付けのエクスポートまたはインポート Windows イメージで、ファイル名の拡張子またはプロトコルに関連付けられている既定のプログラムを変更します。
マウントされた Windows イメージのサービス DISM を使って、イメージをマウントして変更します。
適用済みの Windows イメージをサービスする DISM を使って、イメージを適用してから変更します。

イメージへの変更をコミットする

Dism /Commit-Image /MountDir:C:\test\offline

イメージのマウントを解除する

cd C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10.0\Assessment and Deployment Kit\ <architecture>\DISM

Dism /Unmount-Image /MountDir:C:\test\offline /commit

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「DORA君」転職

求人採用/エントリー